My Eyes 米大統領選2016 ㉟ トランプ大統領就任式


コラムニスト/翻訳家

 

☆今回は特別版!英語と日本語でコラムをお届けします!

 

As almost everyone knows by now, Donald J. Trump has become the 45th president of the United States of America. As with everything surrounding Trump, there was controversy and noise before, during and after the inauguration ceremony.

もう皆さんご存知のように、ドナルド・J・トランプ氏がアメリカ合衆国の第45代大統領に就任しました。就任式の前、その間、そしてその後にわたり、トランプ氏は議論や騒ぎを呼びました。

Before the inauguration, up to 60 Democrats announced that they would boycott the event. In addition, anarchists, communists and other anti-Trump leftist forces vowed to disrupt the event and event-goers and actually prevented people from entering the spectator space in some areas.[1]

就任式前、最高60人に及ぶ民主党議員が式をボイコットすると発表しました。他にも無政府主義者や反トランプ左派たちが式やその出席者への妨害を表明し、実際に会場の各所で観客席への入場を妨げられた人たちが出ました。

Nonetheless, the inauguration passed by peacefully, with windows of cars, including Larry King’s, and shops being broken and trash cans being burnt in places. As is common, Trump supporters were harassed but nobody was hurt or killed.[2]

会場の外では所々で、ラリー・キング氏(CNNトーク番組司会者)のものを含む車の窓ガラスや店の窓が割られたり、ゴミ箱が燃やされたりしましたが、就任式は平和裡に進んでいきました。よくあるように、トランプ支持派への嫌がらせは起きたものの、死傷者は出ませんでした。

During Trump’s inauguration speech, said to be have been written by Steve Bannon, his senior advisor and a former chief writer for Breitbart, a nationalistic American website, Trump thanked his predecessors, President Clinton, President Bush Jr. and President Obama for their attendance, but immediately drew a line between them saying that the event was not one where parties holding the executive branch were changing but rather “transferring power from Washington D.C. and giving it back to you, the people”.

トランプ大統領の上級顧問で国家主義的ウェブサイト「ブライトバート」元編集長あるスティーブ・バノン氏が書いたと言われる就任演説では、トランプ氏は前任のビル・クリントン氏、ジョージ・W・ブッシュ氏、バラク・オバマ氏に式の出席への感謝の意を表しつつ、その後の内容はこれまでの大統領の演説と一線を画することになりました。式は行政部門の変化に留まらず、むしろ「権力をワシントンD.C.から国民の手に戻す」ためのものであるとしたのです。

There were other memorable lines but one in particular that would please all citizens of the U.S., a multi-racial society, was this: “It’s time to remember that old wisdom our soldiers will never forget,’ he said, ‘that whether we are black or brown or white, we all bleed the same red blood of patriots.”[3]

それ以外にも印象的な言葉がありましたが、中でも「覚えておいてほしい。我々の戦士が決して忘れなかった古い英知を」と前置きして述べた「我々の肌が黒かろうと、茶色であろうと、白くあろうと、我々は同じ愛国者の血が流れているのだ」という一節は、多人種社会のアメリカの市民を喜ばせたことでしょう。

 

[1] http://www.wsj.com/articles/some-protests-in-washington-violent-ahead-of-trump-wearing-in-1484932391

[2] http://dailycaller.com/2017/01/20/larry-kings-car-windows-get-smashed-during-inauguration-protest/

[3] http://www.dailymail.co.uk/news/article-4141670/Power-people-Trump-s-inaugural-speech.html

 

【気になる単語・イディオム】
know by now:もう知って(分かって)いる
As with…:~のように、~と同様に
up to…:~に至るまで、最大(最高)で~まで
vow to…:~することを誓う(誓約する・確約する・断言する・明言する)
event-goer:行事()に出掛ける人
As is common:よくあることだが
predecessor:前任者、先任者
draw a line:一線を画する
executive branch:行政機関
memorable line:印象的なセリフ(一節)
in particular:特に、とりわけ

 

ダニエル・ペンソ

11268037_1134958533187338_6034269962714488589_n

米オレゴン州在住の日英翻訳家。1999年〜2009年の約10年間住んでいた東京を”第2の故郷”と呼ぶ。趣味は旅行、語学、食。日本への旅行時には落語を楽しむ。
*ダニエル氏の詳細は以下のページをご覧下さい。 
日本語版 英語・日本語版

*日本語訳:徳橋 功  

*ダニエル氏の意見は、My Eyes Tokyoとは関係ありません。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です