【11月24日】エクアドル・ナイト~出会い、語り、食べ、遊ぶ

“名前は聞いたことがあるけど実はよく知らない国”への異常な愛情をぶちまける「クニトーーク」。第1回目のバルト三国に続き、今回は“”をフィーチャーします。

名前程度は耳にしたことがある方も多いと思われるこの国。でも国の位置や使用言語、特産品や文化など、詳しい情報は日本にあまり流れていません。しかし、私たちがほぼ日常的に口にしている、日本の昨今の現状をズバリ表すあの言葉は、このエクアドルが領有する島の名前から来ています。

そこで今回は「自分の人生はエクアドルで開花した!」と言う女性をゲストに迎え、私たちが日常でなかなか触れることのないエクアドルの文化から、私たちが日常的にその名前を口にするあの島の意外な素顔まで、縦横無尽に語り尽くしていただきます。

もちろんおしゃべりの途中での質問も大歓迎!話の途中で「それについてもっと聞きたい!」「あれ、それってどういうことなの?」と思ったら、どうぞ遠慮なく挙手してください。大人の良識に沿った範囲のdisリもOKです(笑)

トークの後は場所を移しての懇親会。エクアドルに限らずラテンアメリカ諸国(いわゆる中南米)にまつわる食べ物や飲み物をご持参いただいた方には、懇親会参加費を無料とさせていただきます!

 

エクアドルに興味のある方、「エクアドルの知識なら絶対に負けない」という方、ラテンアメリカやスペイン語圏に興味ある方、ガラケーユーザーなど、どなたでもご来場WELCOMEです。ぜひご一緒に赤道直下の熱帯夜を過ごしましょう!

 

スピーカー:武内祐子氏

18歳で旅に魅了され、自由とユートピアを求めてバックパッカーデビュー。旅した国は70ヵ国ほど。その後20代の世界一周旅行で南米大陸に初上陸し、その魅力にどっぷりとハマり、ふと気付いたら南米に入って半年が経過。
日本に帰国してから数年、南米の魅力が忘れられず、遂にエクアドルの旅行会社に就職し、エクアドルの首都・キトへ移住。ガラパゴス、マチュピチュ、ウユニ塩湖などで通訳ガイドを経験した後、2013年に帰国。
現在はエクアドルの旅行会社「スールトレック」の日本支社を運営しながら、述べ1万人以上のお客様の相談に乗り、旅の手配を手掛けている。 また、最近は旅の経験や語学を活かし、旅番組の製作にも参加中。主な番組に『世界さまぁ~リゾート』(TBS)『所さんのワールドデリバリー』(TBS)『世界ウソでしょ旅行社』(関西テレビ)などがある。

ファシリテーター:徳橋功(My Eyes Tokyo編集長)
大学時代にスペイン語を第2外国語として履修するも、英語以上の文法の複雑さに半ば挫折。しかし2000年代初頭のアメリカ滞在中に数多くのラティーノやラティーナ(ラテンアメリカ諸国の男性や女性)に出会い、自己紹介程度はできるように。しかしそれ以上は上達せずに今に至る。
エクアドルについては、アメリカ滞在中に出会った人たちの中にその国出身の女性がおり、それがきっかけで国の存在を知った程度。ちなみにスペイン語を話す上で必須の“巻き舌”は得意です。

 

エクアドル・ナイト~出会い、語り、食べ、遊ぶ

【会場】妙善寺(東京都港区西麻布3-2-13)*最寄駅:六本木
  *道順は goo.gl/maps/6GdUCBJHDA62 をご参考ください。

【日時】11月24日(金)
【流れ】18時半開場 19時開演 22時終了予定
①主催者紹介〜スピーカー紹介
②トークセッション
③Q&A
④別室にて懇親会
【定員】30名
【参加費】
・トークのみ:¥1,000
・トーク+懇親会:¥2,000
・懇親会のみ:¥1,000
※ラテンアメリカ諸国にまつわる食べ物やお酒をご持参いただいた方→懇親会¥0!
(「ドンタコス」などのスナック菓子は対象外とさせていただきます)
※ご自身でお料理を作りご持参の方→懇親会¥0!

【後援】
エクアドル大使館
NPO日本ラテンアメリカ友好協会 
スールトレック 

 

ご参加を希望する方は、このページの一番下にあるコメント欄に①お名前②懇親会参加の可・不可をご記入の上、「コメントを送信」をクリックしてお送りくださいませ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です