【オリンピックイヤー初!】中東欧ロシア鉄分ナイト~六本木発プラハ経由ビドゴシチ行きTLK~

My Eyes Tokyo恒例、大好評イベントシリーズ「東欧ロシア鉄分ナイト」。神戸在住のライター・新田浩之氏が実際に乗車した、東欧地域およびロシアの鉄道の車内や車窓風景、沿線地域の文化について語り倒し、非常にマニアックな内容ながら毎回満員御礼を記録してきました。

そして2020年新春「中東欧ロシア鉄分ナイト」にその名を変え、チェコとポーランドのお話をお届けします。もちろん”鉄”色満載!プラハの路面電車、プラハ~ワルシャワ間の夜行列車、・ビドゴシチの魅力について語り尽くします。例えば・・・

【スピーカーより】
・プラハを走る路面電車の代表、丸型の愛らしい「タトラカー」。「タトラカー」は共産主義時代に製造されましたが、とある大きな秘密があります。その秘密は何でしょうか?
・プラハ~ワルシャワ間を走る夜行列車。ヨーロッパの鉄道好きでも中欧の夜行列車の実態を知らない方は多いのではないでしょうか。乗車体験はもちろんポーランド鉄道に務める友人の証言も紹介します。

・・・と、”鉄”のみならず共産趣味人もゾックゾクするようなトリビアを全力でお届けします!

さらに当イベントのタイトル名にも盛り込まれているポーランドの内陸都市・ビドゴシチ。人口約37万人の比較的大きな街でありながら『地球の歩き方』には掲載されていません。だからこそ、六本木・妙善寺で紹介するのです!川・運河の美しい街、ビドゴシチの魅力を少しでもお伝えしたいと思います。

そしてトークの後は、食べもの飲みもの持ち込み自由の懇親会で皆さんと交流!オリンピックイヤーを迎えても変わることなく行われるザ・濃厚民族の集いです。

 

メインスピーカー:新田浩之氏

国鉄が民営化された1987年生まれ。幼い頃から鉄道に没頭。大学、大学院は中東欧、ロシアにハマる。2013年、神戸大学大学院国際文化学研究科を修了。現在はマイナビニュース、東洋経済オンラインにて鉄道記事を中心に執筆活動を続けている。2018年1月にチェコ政府観光局公認のチェコ親善アンバサダー2018に就任。

*新田氏ブログ「TABI-PROG」:tabiprogress.click
*新田氏インタビュー:myeyestokyo.jp/57323

 

 

中東欧ロシア鉄分ナイト
~六本木発プラハ経由ビドゴシチ行きTLK~

【日時】2020年1月31日(金)
【流れ】19時開場 19時半開始 22時終了(あくまで目安)
※毎度おなじみ「国歌斉”聴”」開会前にやります!今回はどこの国歌でしょうか?
【会場】妙善寺(東京都港区西麻布3-2-13)*最寄駅:六本木
*六本木ヒルズそば、グランドハイアット東京の目の前。ローソン右隣に入口あります。道順は goo.gl/maps/6GdUCBJHDA62 をご参考ください。
*トークから懇親会まで、会場は同寺院内です。
【定員】30名
【参加費】社会人2000円 学生1600円
※ご厚意による中東欧ロシアの食べ物や飲み物、お酒の持ち寄りを絶賛受付中!
【注意】
会場の周辺にお住まいの方々が多くいらっしゃいます。そのため、特に懇親会では大声を出して騒いだり歌ったりすることをお控えください。

 

ご参加を希望する方は、お手数ですがこちらよりご連絡くださいませ。

 

My Eyes Tokyo

Interviews with international people featured on our radio show on ChuoFM 84.0 & website. Useful information for everyday life in Tokyo. 外国人にとって役立つ情報の提供&外国人とのインタビュー