運営者ごあいさつ

当ウェブサイト「My Eyes Tokyo」は、東京に住む外国人の声を世界中に発信するメディアとして、2006年10月に立ち上がりました。
主宰である私(My Eyes代表 )は、それ以前から日本に住む外国人との交流をしており、それを通じて彼らが日本をどう感じ、日本での日常をどのように感じているかに興味を持ち始めました。これが、私がこのプロジェクトを始めたきっかけです。
この「My Eyes Tokyo」という名前は「私の目に映る東京」という意味を込めて付けたものであり、外国人の目に映る東京の姿を世界に向けて発信していこうという私の意思を反映させました。

また、インタビューを通じて日本の「今」を伝えていきたいという思いもありました。芸者や寿司・天ぷらなど日本の伝統文化は海外によく知られておりますし、最近ではマンガやアニメなどのサブカルチャーも海外で人気です。ただ私は「今」の「リアル」な日本の姿も同じように知っていただけたらと考えております。
My Eyes Tokyoがお伝えするのは、今の日本に生きる外国人たちのストーリーであり、私個人としては、このサイトをご覧になった方々が、日本に旅行に行きたい、または日本に住みたいと思って下さると嬉しいです。

また、国境や言葉、文化、人種の壁を越えて活躍する日本人のコスモポリタンにもインタビューしています。これも、日本を海外に伝える一貫として行っております。日本は大陸から海で隔てられた島国ゆえに、内向きな人間が多い – そのようなイメージを覆し「こんな日本人もいるんだ!」というメッセージを送るつもりで、海外で活躍する、または様々なバックグラウンドを持つ人たちを巻き込んで活動している日本人からもお話をお聞きしております。

My Eyes Tokyoは今後インタビューやラジオ番組(※現在はアーカイブのみ)を通じて、日本を誰もが住みやすい場所に、そして外国に住む人々が訪れたくなる場所にしていくことに貢献する所存です。皆様のご指導ご鞭撻の程何卒宜しくお願い申し上げます。  

徳橋功 (My Eyes Tokyo創始者)
*徳橋の詳細についてはこちらをご覧ください。  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です