イチロー来たりてヤンキース!

*写真は一部インターネットよりお借りしています。

「へぇ~この人ってこんなに笑うんだ。。。」
それが、イチロー選手がNYヤンキースに来てからの最初の印象でした。今までは彼に対してはポーカーフェイス、メディアに対しては冷たいなどといった印象を抱いていたので、彼のヤンキースでの会見の様子を見た時は、正直驚きを隠せなかったんです。

とにかく練習中であれ、試合中であれ、よく笑い、チームメイトと話すし、なんだか顔色も良くなったような気がするのは私だけかしら。。。。長髪、ヒゲNGなヤンキースのルールに従ってひげをそったからから?とにかくブロンクスに現れたイチロー選手からは、すごく爽やか、今までのイメージとはかけ離れた感じを受けました。


クリックすると拡大表示します(他の写真もね♪)

11年半在籍していたシアトルマリナーズから、7月23日、電撃移籍。
私たちメディアにも直前まで知らされることなく、突然やってきた大大ニュース。日本はもとより、全米中のメディアを注目を集めてしまった彼、イチロー選手。その日はもう何が何だか分からず、試合を見ていたのを覚えています。その日は、どのスポーツチャンネルも、イチローイチロー、イチロー!完全なる電波ジャック。。。

もちろん、私たち日本人にとっては、イチロー選手が大スターであるのは間違いないし、その日、ヤンキースホームでの地鳴りのようなイチローコールとスタンディングオベ―ションを観た時には、スターイチローの存在を同じ日本人としてあらためて誇りに感じました。
最近はあまりヒットを打てず、昨年200本安打の記録もストップし、オールスターにも選出されない、、、なんとなく影がうすーくなっていたイチロー。 だって今年はダルビッシュにみーんな話題を持っていかれていたしね。。。

それでかどうかはわからないけど、まさかの大どんでん返し。まさかこんなビックな「事件」(もはやそう呼ぶべき?!)が起きるとは。。。最初イチロー電撃移籍の情報をボスから入手した時は、鼻血がでそうになりましたよ、わたし。
(ちなみに実は、なんとわたしのボスが、イチロー電撃移籍の情報ををどこよりも早くゲットしたのです。。。w ボス賞いただいていましたw)

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 


イチローのヤンキース初打席!

イチローが本拠地ヤンキースタジアムで華々しくデビューを飾った7月27日、この日はボストン・レッドソックス vs NYヤンキースの因縁の対決とのことで、既にチケットは完売。当日球場では、そこまで多くの日本人を見かける事は無かったのだけど、球場のあちらこちらでイチローユニフォームやイチローTシャツを身につけた人々をみかけました。

イチローのホームデビュー日のスタメン表。彼の名前は右側の下から3番目にあります。イチローでなく「Suzuki」と書かれている所に要注目です!

 
☜クリックすると大きく見えますよ(他の写真もね!)

マリナーズの時は、イチローと書かれていました。でもヤンキースはかならず苗字で表記するそーです。イチローだけ特別扱いはしないのです。

試合前の両監督の会見もやはり話題は「イチロー」。
イチローに始まり、イチローに終わる。
ボストンの現監督、皆さんご存知のボビー・バレンタインさんも、あまりにイチローの質問が多いので、辟易していました。

 
あ、これはその時のではないです(汗)

「私たちは、ただ今日はヤンキースと試合にきただけ。ただそれだけです」そんなコメントを残して会見は終了。
会見後、監督がフレンドリーに声をかけてくれたので、わたしも「今日の会見は本当にイチローのことばっかりでしたね~!」と声をかけてみました。そしたら「ほんっとそうだよ~もう疲れるーー!」とボビー。わたしがボビーの立場ならそう思うだろうな。。。

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

そして、この日球場に来て驚かされたのは、何よりイチローグッズが大々的に売り出されているということ。電撃移籍の翌日にはもうイチローのユニフォームが販売されているという、何とも商魂たくましい、ここアメリカ(と、いうことは、業者はあらかじめこの事を知っていたのか?と疑ってしまうけど)。すごいとしか言いようがありません。。。
チームストアに行けば一番目立つ所に、イチローグッズが飾られているという。。。しかも今年からヤンキースに移籍し、活躍している黒田博樹投手のグッズは、待てどくらせどないというのに。。。うーーん、なんだか複雑な思い。。。。

そして、これまたビックリなお話。
7月最終日に球場のストアを覗きに行くと、なんと!もうイチローTシャツはXL・XXLサイズの残して他は売り切れ!店員も驚くばかりだそう。
「今ここにXLは残っているけど、試合終わったあとは、これももう売り切れになるだろうね。ホント飛ぶように売れているよ」と。確かにその間も横でアメリカ人の親子やカップルがイチロージャージーを買っていました。それだけ、ここNYのファンにも受け入れられているんだってことの証明なんでしょうね!イチロー選手、ファンの期待を裏切らないように頑張って下さいね〜!!

飛ぶように売れるイチローグッズを横目に、私も売り切れないうちに、ジャージーを買っておこうかな、、、なんて考えつつ、記者席へと向かうのでした。。。

今日はここまで、では、またね~!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です