外国人向けお寿司教室に参加してきました!

レポート:徳橋功
ご意見・ご感想は itokuhashi@myeyestokyo.com までお願いします。

 

– 和食の代表選手で、今や世界中至るところに寿司店があります。日本に来たことがある人はもちろん、日本に一度も来たことが無いという人ですら、スーパーで寿司を買いオフィスの休憩室などで食べるという光景が、もう普通になっています。

それほどまでにワールドワイドになった寿司。せっかく日本に来たのだから、食べるだけでなく自分で作ってみたいという人も多いはずです。そこで今回お勧めするのが、双子の姉妹が東京都心で開講する寿司教室「Japan Cross Bridge」です。

このように、英語で優しく教えてくれるのです!

 

今回このクラスを体験させていただいたMy Eyes Tokyoの徳橋(写真左)は料理が大の苦手。でも思い切って「極み寿司づくりコース」を選んでみました。
(少しだけ「ベジタリアン&ビーガン極み寿司」も作らせていただきました)

 

いきなり、マグロの赤身がドーン!これを切ってお刺身を作るところから、クラスがスタート。

先生の優しい指導のおかげで、何とか切れたようです(汗)

 

次に作るのは裏巻き(Inside-out Roll Sushi)。

通常の巻き寿司と違い、シャリが海苔を巻いているように見えるため、そう呼ばれています。この寿司は、先生たちがスイスのジュネーブで勤めていた和食店で断トツの人気メニューだったそうです。

シャリの量の調節に苦心しましたが、何とか完成!

さらに細巻きも作りました。

 

そしていよいよ握り寿司。

まずは模型を使って握り方の練習。

そして本物のシャリとネタで握ります!

完成!きっと酷い出来になるのだろうと不安に思いましたが、先生たちが優しく丁寧に教えてくださったため、なんとか作ることができました!驚いたのは、1貫あたりのシャリの量。想像していたよりはるかに少ない量のご飯をいただいていたんですね。

こんなにたくさん作りました!

※写真:徳橋功 撮影

 

実食する前に修了証明書をいただきました♪

※写真:Japan Cross Bridge提供

 

美味しく完食しお腹も大満足!この後、先生たちにインタビューをさせていただきました。彼女たちの、寿司教室開講に至るまでの波乱万丈の物語は、こちらをクリックしてご覧ください!

 

*映像・写真(クレジット無):土渕正則 撮影
*英語版はこちらから

 

関連リンク

Japan Cross Bridgeウェブサイト:japancrossbridge.tokyo
Facebook:facebook.com/japancrossbridge/
ツイッター:@japancrossbrg
インスタグラム:@japan_cross_bridge
YouTube:Japan Cross Bridge
ブログ:japancrossbridgeblog.wordpress.com

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です