ジュリアーノ・ガラオさん(オランダ)

インタビュー&構成:徳橋功
ご意見・ご感想は itokuhashi@myeyestokyo.com までお願いします。

 

Giuliano Garau
フォトグラファー/音響機器関連会社勤務
(インタビューの5日前に来日)

papigiulio.jpg

 

東京に来るのが僕の夢でした。

 

インタビューサイト「My Eyes Tokyo」記念すべき1人目のお相手は、オランダから来たジュリアーノ・ガラオさんです。mixiで偶然出会いました。このインタビューのわずか5日前に来日されたガラオさんですが、すでに基本的な日本語を話すことができます。

ガラオさんは母国で電気機器の販売員として働いていましたが、日本に行きたい気持ちが抑えきれず、お金を貯めて海を越え山を越えて日本にやってきました。いま、東京に滞在できる喜びをかみしめています。

*インタビュー@明治学院大学(東京都港区)
*日本語訳:川上葉子

英語版はこちらから!

 

「やった!とうとう日本に来たぞ」

僕は自分の視野を広げるために日本に来ました。日本に対して大変興味があります。文化、人々、、デザイン文化、そして日本語について、もっと知りたいです。今回は休暇を取って来日していますが、できれば日本で仕事を見つけてより長く滞在したいと思っています。

僕は若い頃に日本から多くの影響を受けました。小さい頃は空手を習いました。それからアニメ映画を知りました。たとえば宮崎駿の作品(「千と千尋の神隠し」「天空の城ラピュタ」)や「攻殻機動隊」「AKIRA」などです。

それから「ファイナルファンタジー」も知りました。これはあらゆるゲームの中でも特に大好きですね。その後インターネット時代になると、日本人アーティストの音楽に興味を持ちました。宇多田ヒカルの曲も聴きましたし、久石譲や植松伸夫などの作曲家の音楽、それに今は思い出せないけれど、他にもたくさん聴きました。それに僕は視聴覚デザイン(Audio Visual Design)を勉強したので、当然日本映画や日本のデザインにも多く触れました。

成田空港に足を踏み入れたときには、「やった!とうとう日本に着いた」という思いだけでした。日本については少し調べていたので、すべては順調に進みました。

 

”女の子向けのデパート”で

渋谷では、どんなものを扱っているか見るためにデパートをいくつかチェックしました。そこで、女の子向けの服専門のデパートとは知らずに”109”というビルに行ったんです。109の1階へ行って、女の子たちがたくさんいることに気がつきました。彼女たちは僕を指さして、何やらささやき合っていました。

それで、こう思ったんです。「何がおかしいんだろう?僕の髪、大丈夫かな?」って。でも構わず2階に行きました。ここにも女の子向けの服しかない。次の階も女の子の服ばかり。どの階にも、女の子向けの服しかないんです。それでちょっと恥ずかしくなって、すぐにビルから出ました。あそこは男が行く店じゃなかったんですよ!(笑)

 

東京はすごく活き活きしてる

もちろん、日本とオランダでは違いがたくさんあります。日本の人たちはとても礼儀正しいです。たとえば店やホテル、その他の公共施設に入っていくと、誰でもいつでも快く迎えられます。そのような場所の多くが24時間営業なので、街は本当に活気に満ちています。

それから、日本のリサイクル・システムはオランダよりもはるかに進んでいますね。食べ物もオランダとはまったく違って、とてもおいしいです!それからもちろん、ファッションも全然違います。

僕は日本の食べ物が大好きです。ファッションも、日本のデザインも、日本の雰囲気も。大好きなものが多すぎますね(笑)。だから、できるだけ長く滞在したいと思っています。もちろん今はただの観光客なので、3か月のうちにここを去らなければなりません。でも、できれば何か仕事を見つけて、日本にもっと長く滞在したいですね。人生の残り全てを日本で過ごせたら、もっといいですね!

でも、実際にはわからないです。僕はたった数日間滞在しただけだから、まだ楽しんでいますけどね。たぶんもっと長くいれば、気持ちも変わるかもしれません。そんなことにはならないと思いますが。今は本当に長く滞在したいんです。

東京に来るのが僕の夢でした。これまでに東京の写真をたくさん見て、東京にまつわるストーリーをたくさん読んで、映画も観ました。だから、このせわしない人ごみの中に立ち止まって高層ビルを見上げていると、鳥肌が立つんです。「オレは憧れの街に今、身を置いているんだ!」と感じる瞬間ですね。

IMGP1664.jpg

 

ガラオさんにとって、東京って何ですか?

東京はただ一言、「すばらしい」!
皆さん、一生に一度は日本に来るべきだと思いますね。

 

関連リンク

Frisky Radio(英語): http://www.friskyradio.com
ガラオさんのYouTubeチャンネル : http://www.youtube.com/user/papigiulio

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です