My Eyes 米大統領選2016 ㉑ 票が盗まれた!?

1019px-Bernie_Sanders_DNC_July_2016
Photo from Wikipedia

 


コラムニスト/翻訳家  

 

リオデジャネイロオリンピックが終わり、アメリカ大統領選挙まであと3ヶ月を切りました。このコラムで前回書かせていただきましたが、民主党はヒラリー・クリントン氏が大統領候補者に指名されたものの、DNC(民主党全国委員会)委員長のデビー・ワッサーマン・シュルツ氏が、民主党党大会閉幕と同時に辞任。不穏な空気が漂っており、まだまだ目が離せません。そこで今回のコラムでは、一方の雄であったバーニー・サンダース氏についてお話したいと思います。

サンダース氏は全米の左派勢力に大きな影響を及ぼし、これまでに1300万票を獲得。党大会初日は、そんなサンダース氏が支持者たちにクリントン氏への支持を呼びかけたことが話題を呼びました。この演説に支持者たちは大ブーイング、サンダース氏の撤退表明に対しても会期中ずっと不満を抱いていました。

全米からフィラデルフィアに集結したサンダース氏の支持者たちは、DNCへの不満を表明するためにデモを決行。驚くべきは、Black Lives Matter(黒人の命だって大切だ)が クリントン氏へのデモを行っていたことです。ビル・クリントン政権がアフリカ系アメリカ人の多数逮捕を敢行したにも関わらず(「1994年の暴力犯罪取締り及び法執行法」)、ヒラリー・クリントン氏自身はマイノリティの擁護者だと見られていました。ただ、クリントン氏はかつて黒人のことを「超凶暴な野獣」(Super-predators)と表現したのですが・・・[1]

民主党の選挙人登録者数が共和党のそれを上回っていたという背景もあり(民主48%、共和39%)[2]、サンダース氏支持者の動向が今後の大統領選の鍵を握ると言われています。票をクリントン氏に奪われたと考えているサンダース氏支持者は多く存在します。ドナルド・トランプ氏は、そのうちの一部に対し自身への支持を取り付けなければ、11月の本選で勝てないと考えており、彼らの気持ちに訴えかける試みを行ってきました。

トランプ氏は「民主党の候補者選定のプロセスは、サンダース氏にとって不利になるように行われた。だから私はサンダース氏支持者を歓迎する」と表明しています。さらにトランプ氏は「11月8日の本選においても不正が行われるから、共和党は十分注意しなければならない」とまで言い切りました。彼らしい言葉とも言えますが、すぐにオバマ大統領から「そんな陰謀説を信じるなんて馬鹿げている」と非難を浴びました。しかしオバマ氏は気になることも言っています。「もし本選でのトランプ氏の得票率が10〜15%上昇し、それでもなお敗退を喫したとしたら、彼は疑惑の念を抱くだろう」。

アメリカは「国家建設」と「自由と選挙の公正をできる限り保証する」ことを、積極的外交政策として全世界に向けて掲げてきました。しかしそれらの政策は、どのようにして裏庭に放置されるに至ったのでしょうか?観測筋の多くは、ジョージ・W・ブッシュ氏は2000年と2004年の選挙では事実上敗北しており、オバマ大統領でさえも2012年は票を奪った末の勝利だったと言っています。さらに昔にさかのぼり、ジョン・F・ケネディ氏は1960年の大統領選において、リチャード・ニクソン氏から不正に票を奪ったのではないかという議論がなされてきました[3]。さらにロシア大統領であるウラジミール・プーチン氏は、アメリカに対し「他国に干渉せず、自国に目を向けよ」と主張しています。[4][5]

 

エンターテインメント・・・いえ、大統領選は今も本番に向けて動いています。

 

[1] observer.com/2016/04/bill-clintons-racist-defense-of-the-super-predator-myth/

[2] www.people-press.org/2015/04/07/a-deep-dive-into-party-affiliation/

[3] stonezone.com/article.php?id=391

[4] www.youtube.com/watch?time_continue=22&v=avBAT6Op0lU

[5] www.collective-evolution.com/2016/07/05/vladimir-putin-says-the-us-elections-are-rigged-its-not-a-democracy/

 

ダニエル・ペンソ

11268037_1134958533187338_6034269962714488589_n

米オレゴン州在住の日英翻訳家。1999年〜2009年の約10年間住んでいた東京を”第2の故郷”と呼ぶ。趣味は旅行、語学、。日本への旅行時には落語を楽しむ。
*ダニエル氏の詳細は以下のページをご覧下さい。 
日本語版 英語・日本語版

*日本語訳:徳橋 功  

*ダニエル氏の意見は、My Eyes Tokyoとは関係ありません。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です