レナート・リベルティさん(イタリア)

インタビュー:徳橋功 & ジェニファー・A. ホフ
構成:徳橋功
ご意見・ご感想は info@myeyestokyo.com までお願いします。

 

Renato Riberti
指圧師/武道家

 

もしあなたが何かを習得したいなら、あなたが深く学びたいと思うものと関係のあることも追究してください。

 

 

都内には、海外からの訪問が絶えない東洋医学専門院があります。漢方薬の専門家と鍼灸師兼武道家が営む、漢方薬店と鍼灸院が一つになった新しいタイプのお店“和氣香風”です。

ある日、このお店の共同経営者である山本浩士さんから「イタリアから団体さんが来て、鍼灸と武道のトレーニングを受けるんですよ。そのグループのリーダーに会ってみませんか?」というお誘いを受けました。私たちは、その方にお会いしてインタビューしてみたいという思いに駆られました。それが実現すれば、イタリアから来た人にじっくり話を聞く初めてのケースになると思ったからです。

そのような不純な(?)動機から行われた今回のインタビューでしたが、私たちは“道”を追究する一人のイタリア人の真摯な姿に心打たれました。物事の習得に向けて努力されている方々に、彼の言葉を届けたいと思います。

*インタビュー@和氣香風(目黒区)
*クレジットが無い写真:M. Iwakubo撮影
*英語版はこちらから
英語版校正:ジェニファー・A. ホフ

 

武道と整体

私はイタリア北西部のジェノバから来ました。海も山もあるジェノバは、日本で言えば神戸のような街。実は私が初めて日本に来た時に訪れた街は、神戸の近くにありました。

私は子どもの頃から、日本のものに興味を持ってきました。マンガや日本のビデオゲームが好きで、やがて武道に惹かれるようになりました。多分私は、伝統とモダンを併せ持つ日本の文化に惹かれたのだと思います。それに私は他者に敬意を払う日本人の精神性が好きなのです。

私は11歳か12歳の頃に柔道を、15歳の頃に柔術を開始。それと同じ頃、私は本體楊心流という、江戸時代に生まれた武術を学ぶようになりました。私は技術や競争にだけに捕らわれない、総合的な武道を求めていたのです。そして私は「武道を極めるためには、武道だけでなく他のものも学ぶ必要がある」と考えました。私は武道や指圧、鍼灸の深いレベルでの本質はほぼ同じであると気づきました。だから私は、日本の整体術を学び始めました。2013年頃のことです。

 

師との出会い

そして遂に2015年、私は初めて日本の地を踏みました。それは鍼灸師で武道家の山本浩士先生に会うためです。Facebookに先生がご自身の活動を英語で投稿しており、イタリアにいた私はそれを見て、先生に会いたいと思うようになったのです。

私は日本へ飛び、神戸の近くにある西宮という街で先生と初対面。西宮には本體楊心流の本部があり、そこで私は先生を含む複数の方より指導を受けました。

それ以来、先生は私にとっての整体と武術の師となっています。私は自分の技術と知識の向上のために、先生がイタリアにいらした時や、ポーランドを訪問された時など、場所を問わず会いに行きました。さらに私は日本を3回訪れ、私が深く関わってきたこと全てにおける本質を先生から学びました。

武道家・鍼灸師の山本浩士さんより整体、および武道と施術の共通の原理を学ぶ *写真提供:レナート・リベルティさん

 

師の教えを母国へ

小さいですが、私は道場を持っています。私には16歳から60歳までの弟子がおり、うち何人かはプロの指圧師になりました。


レナートさんと弟子たち
*写真提供:レナート・リベルティさん

弟子の何人かは、自分の道場を持っています。やがて私は、弟子と一緒に日本に来て先生のトレーニングを受けるようになりました。先生に私の弟子を紹介することは、私の夢だったのです。だから私は夢を叶えたと言っても良いと思います。将来的には、もっと多くの弟子を日本に連れてきたいですね。

夢はもう一つあります。それは、先生の手法や知識、哲学をイタリアの人たちに伝えることです。でも私は、たくさんの人たちに伝えることには興味はありません。私は“それにふさわしい”人たちに、先生が教える原理や手法を知ってほしいと考えています。

 

レナートさんにとって、東京って何ですか?

東京は、街と言うには大きすぎます。私にとっては、東京は惑星のようです。

新宿や渋谷などを歩きながら、この街を探検するのが好きなんです。人がたくさんいるにも関わらず、とても秩序が保たれています。京都や奈良の昔ながらの風景が好きな一方で、私は東京が持つようなモダンさに惹かれています。

 

レナートさんにとって、日本って何ですか?

あらゆる美しいものの源です!日本は小さい国ですが、芸術や文化、歴史にあふれています。

 

レナートさん関連リンク

Ju-Jutsu e Arti Giapponesi – CIDAO Genova (Facebook): facebook.com/artigiapponesi

 

2 thoughts on “レナート・リベルティさん(イタリア)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です